自動車速度監視装置事件

自動車速度監視装置事件についてご紹介します。機械自体はオービスといえばわかりやすいでしょうか。さてこれが何故問題なのかということからのご説明

憲法13条の個人の尊重と幸福追求権に含まれる。肖像権はみだりに撮影されないんじゃないの?っというお話から始まっています。警察といえどみだりに写真をとってはいけない!だからオービスで写真を取ることは肖像権侵害だ!ってお話になるんですよね。

それが最高裁判所で争われたわけですが、予想がつくようにこれは憲法違反じゃないです。そもそも警察といえど正当な理由がなければ撮影は出来ません。ちなみに職務質問で鞄の中を見せてと言われてもそれも任意なので調査する権限はありません。なので拒否することもできます。

話がそれました。しかし、実際に犯罪が起きてそれの証拠を保全する緊急性がある場合は写真撮影もOKなんですよね。

オービスなんてまさに犯罪を犯した瞬間ですし、すぐ写真を取らなければ証拠が残りません。そのためオービスでの写真撮影は憲法違反、肖像権侵害にはならないんです。
スポンサーリンク
_ ~~