憲法違憲判決の愛媛県靖国神社玉串訴訟は押さえておこう

靖国神社と言っても愛媛県の靖国神社でございます。その靖国神社で起きた憲法の反例でも違憲が出ている超重要反例の愛媛県靖国神社玉串訴訟でございます。


■憲法で違憲判決が出た愛媛玉串料訴訟とは

愛知県知事が、戦没者の遺族の用語行政のために、愛知県に有る靖国神社に対して玉串料と呼ばれる御供料や献灯料などを愛知県の抗菌から支出していました。これらの行為が憲法の20条の政教分離と憲法89条公の財産の支出又は利用の制限に違反していると住民が訴訟を提起しました。

憲法20条

  1. 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
  2. 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
  3. 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。


憲法89条
公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。

■結果は違憲判決

政教分離は絶対に区別しなければならない訳じゃなく社会通念に従って客観的に判断されなければならないが、今回は特定の宗教手の特別のかかわり合いが有るように判断されています。

それを踏まえて、玉串料の出費は特定の宗教に対して公の財産を支払っているので政教分離原則よって禁止されている

要するにまとめると政教分離の原則は国が多少は宗教に関わってもいいけど、特定の宗教団体とつながっているように思われないように金を使うなよってことですね。

政教分離には津地鎮祭訴訟(最高裁昭52年7月13日)ってのがありますがそれはまた今度

憲法の違憲判決は11個ありますが、語呂合わせの覚え方があります。
行政書士試験の憲法の問題を簡単に解く裏ワザ

スポンサーリンク
_ ~~