尊属殺重罰規定違憲判決は家族の殺人が普通の殺人より罪が重いか

今回の行政書士独学に必要な数少ない最高裁判所の違憲の尊属殺重罰規定違憲判決についてご紹介したいと思います。 自分または配偶者の直系尊属まあ自分たちより年上だと思っておけばいいですね。その尊属を殺人した場合に一般の殺人罪よりも重罰とカス刑法200条は日本国憲法14条からみたら違...

憲法違憲判決の愛媛県靖国神社玉串訴訟は押さえておこう

靖国神社と言っても愛媛県の靖国神社でございます。その靖国神社で起きた憲法の反例でも違憲が出ている超重要反例の愛媛県靖国神社玉串訴訟でございます。 ■憲法で違憲判決が出た愛媛玉串料訴訟とは 愛知県知事が、戦没者の遺族の用語行政のために、愛知県に有る靖国神社に対して玉串...

奈良県ため池条例事件と憲法29条財産権

奈良県ため池条例事件は頻繁に行政書士試験に出てくる最高裁の判例ですが、何故これが問題になっているかというポイントをご紹介します。この判例では損失の補償はありませんが他の最高裁の判例では損失の補償があったりします。このへんは判例を覚えていくことで違いを把握して行きましょう ...

薬局距離制限事件の違憲判決のガイドライン

病院の周りに沢山薬局があります。正直、病院の数と薬局の数バランス悪くない???3件すぐそばに並んでたりするよね。あれ1件で十分じゃん!!!って思ったことありませんか?まあ職業選択の自由があるからいいんだけどさ! でも昔は薬局間の距離制限があってそれに対して憲法違憲判決があって...

川崎民商事件には即時強制と行政調査と令状主義と黙秘権がでてくるのだ!

今回の最高裁判所の判例は川崎民商事件でございます。そもそも民商ってなんだろ?って思う人も多いかもしれませんが、これは当時民主商工会って異能があってその略称ですね。 今回の川崎民商事件は次のような法律とか用語が沢山でてきます。 即時強制 行政調査 令状主義 黙秘権...
_ ~~